仁和寺からのお知らせ
今月の法話
18/02/01

春は名のみ

2月3日は立春です。
各地で「鬼は外、福は内」と豆を勢いよく投げる、この風習は宮中の行事が一般に普及したものとの説もあります。
今年は特に寒く、春の訪れを待ち望む仁和寺の境内には厳冬のさなか一輪の梅が花をつけています。
「山川草木悉有仏性」-全てのものは同じ命を共有している。
命の自覚が弘法大師のお教えであります。
皆が仲良く、いたわり合い、仏の子として生かされていることに感謝して日々心豊かに生きていこうではありませんか。