仁和寺からのお知らせ
今月の法話
18/01/01

新年明けましておめでとうございます。
大晦日から一夜明けた元旦の日を迎えると気分はこんなにも変わるのでしょうか。
弘法大師は「心暗ければあうところ悉く禍なり、眼こ明らかなれば忽ちに触れて宝なり」とおっしゃり、
私たちの心の持ち方によっては明るい人生、また逆に淋しい人生を送ることになると述べられております。
すべてのおかげで生かされているという感謝の心があれば幸せな人生が開けてきます。
相手を思いやり、謙虚な生活を実践しようではありませんか。
皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。  合掌

平成30年 元日