仁和寺からのお知らせ
今月の法話
17/12/07

成道会

12月8日は、成道会です。成道会とはお釈迦様が悟りを開いた日を記念して行われる法要です。

お釈迦様は、今から約2,500年前インドで釋迦国の王子としてお生まれになりました。29歳で王子としての地位や家族を捨て出家します。約6年苦行をおこないますが、苦行の無意味を知って苦行を中止されました。そして、スジャータという娘の捧げた乳粥を飲み体力を回復されたお釈迦様は、ガヤ村のピッパラ樹の下で瞑想を重ね12月8日お悟りを開かれ仏陀となられました。

35歳の時でした。お釈迦様は、物事の関わり合い、重なりあいながら移り変わって行くが、その総ては縁(因縁)から生ずるとおっしゃっています。

つまり、昨年があるから今年があり、今年があるから来年があるのです。時の流れは直線ではなく、めぐっています。今年の「縁」を大切にして良いお年をお迎え下さい。